スマトラ・バティック



スマトラはインドネシアの中でも地理的にもインドに近く、
その影響を早くから受け、インド文化の窓口となりました。
インド更紗もスマトラを経てジャワに入り独特の発展を遂げ、
ジャワ更紗(バティック)として多彩な作品を生み出しています。
インド更紗が押し版で文様を染める手法に対し、
インドネシアではロウケツ染めが主流となります。

この布はスマトラ・ジャンピで作られたもので、
70年ほど前のものと推定されます。
イギリス製の上質な綿布にインドの押し版の手法と
ロウケツ染めの手法を併用した作品です。
パギソレ(朝夕)様式とで作られています。
一方の端の赤は朝を他方の青は夜を表しています。
ノコギリの文様はイスラムの影響です。