D5-32(唐津引き黒酒呑) 

 径7.0cm 高5.8cm
 引き黒とは焼成の途中に窯から引き出し、急冷させることにより深い黒色を発色させる手法です。
その為、挟むことによる疵が残るのも特徴です。この作品にも跡が残っています。
酒を注ぐと見込みのウサギが踊りだすようです。