島津法樹さんのコラム
初出は「ハイハイQさんQさんデス」(http://www.9393.co.jp/)に
2004年8月から2005年11月まで連載された「損する骨董得する骨董」です。
第25回
悪い骨董屋(海外編)−だましの手口

「どんなものが揚がってくるか分からないし、
 海上がりはかなりダメージも大きいよ。」
「そうなんだよ。そこが問題なんだ。
 でも中にはいいものがあって、
 ヨーロッパ辺りに飛ぶように売れているんだ。
 特にオランダ人が買うんだなこれを」

確かにマーケットに清朝中期くらいの染付の一群が出ていたし、
南宋時代の影青風な作品もかなりな数が出まわっている。
しかしどれも大して魅力的ではなかったのでそこを突いた。
「今揚っているものは日本ではたいした値打ちもないよ。
 南宋の青磁でもあれば別だが」
「それがあるんですよ。損はさせない。
 二千ドルほど預けてください。
 きっとあなたの希望するものを持ってきますから」
という風にどんどん自分の都合の良い方向へ
人を褒めながら持っていってしまう。
彼は天才的な話術を心得ていた。
僕は危ないと思ったのでこの話には乗らなかった。

あるとき親父と話しているとき客が入ってきた。
あまり骨董は詳しくないと見えて
真剣にコピーの明染付の瓶を見ていた。
親父はスーッと近づいて
「お客さん、いい目をしてますね。
 この染付の瓶は値打ち物ですよ。美術館クラスです」
と持ち上げた。
客もまんざらでもない顔で「幾ら?」と聞いた。
「安くしときます。
 本当は5000ドルはするものですが
 事情があって500ドルなんです」
というと客はびっくりした。
さすがに500ドルと言われて、
ほんとかなという感じで高台の辺りや、
瓶の口をしげしげ見直している。

「何故こんなに安いの」と首をかしげながら聞いている。
「持ち主がね、一日も早く売りたいと言っているのです。
 それにしてもお客さん正直ですね。
 高いと言われることはちょくちょくありますが、
 安いと言われたのは初めてです。正直な方だ」
と言って客の背中に手を回したかと思うと
バンバンと背中を叩いた。
これで客はころっと参ってしまって、
財布から500ドルを取り出した。
それを見て、なんとすごいことをやるのかと感心した。

受け取った500ドルに口づけをして机の引き出しに仕舞った。
30分ほどして先ほどの客が赤い顔をして入ってきた。
どうやら他の店で先程の染付の瓶を見せたようだ。
けちを付けられて返しに来たのだったが、
親父はなんだかんだと言ってその場を切り抜け、
さらにもう300ドル偽物を売りつけてしまった。
海外にはこんな手合いの店が少なくないから気をつけよう。